ステンドグラス工房べるふぁむ

五十嵐沙予のステンドグラス

「光」 2012年12月 筑波大学附属病院けやき棟
?

3.11の震災後は仙台市内も真っ暗な日々を過ごしました。
深く、濃く、どこまでも真っ黒い夜が続きました。

数日後の夜の闇の遠くに仙台市中心部で電力が復活。
窓から遠くの一点の光を見つけた息子が「かーちゃん!」と叫び思わず握手をして喜び合いました。

真っ暗な中で見つけた一点の光

「もう大丈夫だ!」と心に強い光がみなぎりました。

けやき棟では
光をテーマに作品を作らせていただきました
どうか今日も心の強い一日が過ごせますように願いをこめて
ステンドグラス「光」をつくらせて頂きました